妊娠中に肌荒れに悩まされたという人は少なくないようです。

普段何ともなかった化粧品が合わなくなってしまっていたり、急に赤みが出たり、妊娠をきっかけに肌に変化が表れることは珍しくありません。

乾燥がひどくなってかゆみが出て、メイクもできなくなったという声も聞きます。

 

ならば、酵母と樹液という天然成分にこだわったストレピアなら使えるかも、と気になっている方も多いかもしれません。

でも、妊娠中ということで、新しい化粧品には二の足を踏んでしまうのも確か。

妊娠中でもストレピアは問題なく使用できるのでしょうか。

 

そこで、妊娠中や授乳中でもストレピアは使えるのかどうかについて調べてみました。

添加物など問題のある成分は入っていないかどうか、一緒にチェックしていきましょう。

 

ストレピアは妊活中・妊娠中・授乳中・産後でも使える?

最初に結論から言っておきますね。

ストレピアは妊娠中でも使用できます!

妊活中の方や授乳中の方にも問題ありません。

肌に刺激を与えるような成分が入っていないから大丈夫なのですね。

産前にも産後にも、安心して使用してください。

 

ストレピアの添加物は配合されている?安全なの?

ストレピアの特徴、それは8つの無添加を実現しているところです。

旧指定成分、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、アルコール、石油系油脂、合成香料、合成着色料を使用しておらず、そのおかげで肌トラブルになる可能性は非常に低いです。

ただし、完全無添加にしてしまうと化粧品自体の品質を保つことができません。

よって、安全性が確認されている防腐剤は使用していますが、必要最低限の量のみです。

 

それでも。肌には個人差があるので、成分が合わないという人はいるかもしれません。

もし肌に赤みや湿疹のような異常を感じた場合には使用を中止するようにしましょう。

無理して使用し続けることで、一段と悪化することもありますので、即やめてくださいね。

敏感肌の自覚がある方は、事前に手のような目立たない部位でパッチテストを行った方がよさそうです。

 

マスクウォッシュの成分での添加物について

全成分:水(久米島海洋深層水由来)・ココイルグリシンK・BG・アクリレーツコポリマー・ラウラミドプロピルベタイン・ココアンホ酢酸Na・ココイルメチルタウリンNa・海シルト・ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル・ペンチレングリコール・酵母エキス・サトウカエデ樹液・フランスカイガンショウ樹皮エキス・ネムノキ樹皮エキス・キハダ樹皮エキス・クダモノトケイソウ果皮エキス・ウコン根エキス・ツルレイシ果実エキス・オルトシホンスタミネウスエキス・ヨクイニンエキス・アロエベラ葉エキス・グリセリン・マンダリンオレンジ果皮油・アスパラギン酸ジ酢酸4Na・水酸化K・フェノキシエタノール

  • BG(ブチレングリコール)

防腐剤としてよく使用されています。

添加物というわけではないので、安全性に問題はありません。

そして、刺激も与えにくく、アルコールの代わりに使用されることも多いです。

保湿効果。抗菌作用に秀でています。

 

ゲルローションの成分での添加物について

全成分:水(久米島海洋深層水由来)・BG・グリセリン・ソルビトール・プロパンジオール・1,2-ヘキサンジオール・ペンチレングリコール・酵母エキス・サトウカエデ樹液,・フランスカイガンショウ樹皮エキス・ネムノキ樹皮エキス・キハダ樹皮エキス・アーチチョーク葉エキス・クダモノトケイソウ果皮エキス・ウコン根エキス・ツルレイシ果実エキス・オルトシホンスタミネウスエキス・カッパフィカスアルバレジエキス・カンゾウ根エキス・アロエベラ葉エキス・グリチルリチン酸2K・アラントイン・グリコシルトレハロース・ニガリ・ベタイン・マンダリンオレンジ果皮油・加水分解水添デンプン・キサンタンガム・ジェランガム・カラギーナン・PEG-60水添ヒマシ油・フェノキシエタノール

  • プロパンジオール

植物由来のアルコールの一種です。

肌に優しい成分のため、刺激性もありませんし、アレルギー反応の心配もないと言っていいでしょう。

配合の目的は、グリセリンの効果を高めるため。

 

化粧品のテクスチャーがよくなるので重宝されている成分です。

このプロパンジオールを配合することで、防腐効果が期待でき、抗菌作用もあるので、コスメの長期保存が可能となるのです。

そのおかげで防腐剤を減らすことができ、コスメ自体がより低刺激に仕上がるというメリットもあります。

 

共通して含まれる「フェノキシエタノール」の安全性

フェノキシエタノールの配合についてはよく議論が交わされるところです。

肌荒れが起こる原因となると主張する人もいます。

無添加化粧品やオーガニック化粧品にも配合されており、刺激が少なく、肌荒れは起きにくいと言えるでしょう。

ただ、それは絶対ではありません。

 

個人個人で肌の状態や性質は異なるため、肌荒れを起こしてしまう人も中にはいます。

敏感肌の方であれば、事前にパッチテストをしておいた方が安心して使用できるでしょう。

 

フェノキシエタノールについては、使い方によっては頭痛や咳を引き起こしてしまうことがあります。

原液の殺菌力が非常に強いので、配合の際には量に規制がかけられているほどです。

危険性が懸念されるので、量が規制されているのであり、ぜんそくの人であれば、発作が起きてしまうこともあります。

化粧品の使用時にこのような状態に陥りにくいのは、化粧品に配合されている量が非常に少ないからです。

フェノキシエタノールの作用について、心に留めておいた方がよいかもしれませんが、実際には問題になるケースは少ないので、必要以上に恐れる必要はありません。

 

併用でより効果アップ!妊娠中・授乳中の肌荒れ対策方法は?

妊娠中に体質が変わりやすいのは、女性ホルモンが大きく変化しているからです。

無理がきかないので、まずはストレスを減らしていくようにしましょう。

 

低刺激のスキンケアで保湿・紫外線対策を重視

妊娠中の肌はデリケートです。

もともと普通肌であったとしても、急にひどく乾燥したり、反対にテカリがひどくなってしまったりと、肌質にも変化が起きます。

これまで使っていた化粧品が突然合わなくなり、肌荒れを起こしたり、赤み、かゆみが出たりということがあります。

そのような場合は、まずは刺激のない無添加化粧品に替えてみた方がいいかもしれません。

香料も負担になることがあるので、無香料のものを選んだ方がよいでしょう。

 

この時期は、高級化粧品やスペシャルケアアイテムを使用するより、刺激を与えないケアを心がけることが大切です。

弱っている敏感肌に栄養を与え過ぎるよりも、肌に優しいアイテムを使いましょう。

赤ちゃんが使うような馬油・ベビーローションなど、刺激の少ないアイテムを選択している人もいます。

 

そして、何より怖いのは紫外線です。

紫外線は肌に強い刺激を与えてしまい、肌荒れを加速してしまいます。

季節問わず紫外線対策はマストです。

日焼け止めを使うようにしましょう。

ただ、SPF値が高いものは肌の負担となりますので、SPF値が弱いものを重ね塗りする方がよいです。

 

化粧下地もUV効果のある、保湿成分が高いものに切り替えましょう。

帽子やストールで物理的に紫外線を避けるのもよいですね。

紫外線に肌をさらしてしまうことのないよう注意しましょう。

 

便秘解消にはまず水分補給!

妊娠期の大きな悩みの一つに便秘が挙げられます。

つわりで食べられない時期もありますし、食べたものの栄養が赤ちゃんに優先的に送られてしまい、母体自身にはなかなか栄養が廻らない時期です。

そうなると便秘に陥りやすくなり、もともと便秘がちだった人はさらに苦しい思いをします。

 

便秘の対策として、水分補給を意識するようにしましょう。

朝起きぬけにコップ一杯の水を飲むということもおすすめです。

硬水や炭酸水を飲むことで、便秘が解消したという例もあります。

麦茶やルイボスティーなど、ノンカフェインのドリンクを用意しておくのもいいですね。

 

食事については、バランスよく食べることが大切になってきます。

野菜はもちろん、乳製品や発酵食品も摂りましょう。

とは言え、つわりでつらい時は何も食べる気は起きませんよね。

そういう時には無理は禁物です

まずは食べられるものから口にしていきましょう。

 

ストレスを溜めない・ひとりで悩まないこと!

妊娠中は心にも変化が起きます。

マタニティーブルーという言葉もあるように、小さなことにくよくよ悩んでしまうことがあります。

体調に変化があり、お腹に大切な存在を抱えているのですから、いろいろなことが心配になるのは当然です。

 

皆同じなので、必要以上に悩まないようにしましょう。

そのためには、家族、友人、そして、身近な先輩ママたちに相談してみるのもいいですね。

 

「なやんでいることはみんな同じ!」

 

とわかれば、安心できますね。

妊婦検診の時に、助産師さんに相談してみるのもいいですよ。

まさに、

 

「案ずるより産むがやすし」

 

悩み過ぎないよう、悩みは小さなうちに解消しちゃいましょう!

うまくストレスを解消できる、自分なりの方法を見つけられたらいいですね。

 

まとめ

敏感肌の人のために開発されたストレピア、妊娠中はもちろん、妊活中、授乳中にも問題なく使用できます。

ストレピアは8つの無添加を実現しており、肌の刺激となるようなものは配合されていないからです。

それでも品質保持のため、必要最低限の量の防腐剤は使用されていますので、肌に合うかどうかパッチテストを行ってから使用した方がよいかもしれません。

妊娠期には体質にも大きな変化が訪れ、メンタル面も不安定になりがちです。

 

まずはストレスを溜めないように、悩みは身近な人に相談して解決しましょう。

肌が荒れてしまった、敏感肌がひどくなったという悩みであれば、ストレピアが解決してくれるかもしれません。

酵母と樹液という天然成分が配合されているストレピアで、肌の悩みにさよならできるといいですね!



ストレピア公式サイトはコチラ!

★ストレピア最安値公式サイトはコチラ!★