口コミサイトを見ていたら、

 

「ストレピア」

 

の評判がいいですね。

 

「毛穴が小さくなった」

 

「みずみずしい肌になった」

 

「もっちもちになって嬉しい」

 

など、使ってよかったというレビューがたくさんあります。

その反面、

 

「実際に効果がない」

 

「これは騙されたかも」

 

「よいレビューはステマなんじゃないの?」

 

などと悪い口コミも見かけました。

もしステマだとしたら、商品に不信感が募ります。

 

なによりもどんな成分を使っているのかも気になりますよね。

身体に悪い成分を使っていれば、元も子もないですね。

そこで、ストレピアの成分が本当に安全なのかどうか、副作用など起きないのかについて調べてみました。

 

ストレピアの全成分

まずはストレピアシリーズのマスクウォッシュとゲルローション、それぞれの成分についてすべて記載してみますね。

ストレピア・マスクウォッシュ

水(久米島海洋深層水由来)・ココイルグリシンK・BG・アクリレーツコポリマー・ラウラミドプロピルベタイン・ココアンホ酢酸Na・ココイルメチルタウリンNa・海シルト・ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル・ペンチレングリコール・酵母エキス・サトウカエデ樹液・フランスカイガンショウ樹皮エキス・ネムノキ樹皮エキス・キハダ樹皮エキス・クダモノトケイソウ果皮エキス・ウコン根エキス・ツルレイシ果実エキス・オルトシホンスタミネウスエキス・ヨクイニンエキス・アロエベラ葉エキス・グリセリン・マンダリンオレンジ果皮油・アスパラギン酸ジ酢酸4Na・水酸化K・フェノキシエタノール

ストレピア・ゲルローション

水(久米島海洋深層水由来)・BG・グリセリン・ソルビトール・プロパンジオール・1,2-ヘキサンジオール・ペンチレングリコール・酵母エキス・サトウカエデ樹液,・フランスカイガンショウ樹皮エキス・ネムノキ樹皮エキス・キハダ樹皮エキス・アーチチョーク葉エキス・クダモノトケイソウ果皮エキス・ウコン根エキス・ツルレイシ果実エキス・オルトシホンスタミネウスエキス・カッパフィカスアルバレジエキス・カンゾウ根エキス・アロエベラ葉エキス・グリチルリチン酸2K・アラントイン・グリコシルトレハロース・ニガリ・ベタイン・マンダリンオレンジ果皮油・加水分解水添デンプン・キサンタンガム・ジェランガム・カラギーナン・PEG-60水添ヒマシ油・フェノキシエタノール

 

ストレピアの効果を成分から検証

成分をご覧いただいて、何か気になるところはありましたか。

実際の評判について口コミでどう評価されているのか調べるのはもちろん大切なことですが、あくまでも

 

「口コミをしている人がどう思ったか」

 

という評価であって、客観的なものではありません。

化粧品というものには個人差があって、使う人によって効果の出方に違いがありますからね。

では、客観的に判断するために、先ほどの全成分のデータをもとに検証していきましょう。

有効成分を中心に確認していきます。

 

マスクウォッシュの成分

それではまずはマスクウォッシュをチェックしていきます。

 

HSP(ヒートショックプロテイン)

たんぱく質の一種ですが、肌のバリア機能をコントロールします。

加齢によって減少するということが最近分かってきたのですが、なんと言ってもコラーゲンの生産量にかかわってくる成分です。

何とか増やしたいですよね。

そのためには化粧品を使ってエイジングケアとして補う必要があります。

 

このHSP、紫外線に対する抵抗力を左右するのです。

HSPが肌に多ければ、紫外線が原因となるしわ、しみ、たるみなどの肌トラブルを予防したり改善したりということが可能なんですね。

なのでこのHSPがストレピアシリーズで主要成分となっているわけです。

 

ココイルグリシンK

非常に泡立ちがよく、洗浄力も高いのですが、低刺激と優秀です。

ただ、界面活性剤であるため、副作用が起きるであるとか、刺激が強いであるとか、心配する声もあります。

 

しかし、このココイルグリシンKはアミノ酸系の成分であり、アレルギーをお持ちの方でも敏感肌の方でも使用することができるほど低刺激なので、特に高級な洗顔料に配合されています。

副作用が起きるというような心配は不要なものとなります。

 

BG(ブチレングリコール)

防腐剤の一種として、広く使用されています。

ただ、防腐剤ではありますが、いわゆる添加物というわけではないので、安全性が高く、保湿効果、抗菌作用に優れています。

刺激がないので、アルコールの代わりに使われることが多いです。

 

4種類の樹皮エキスと樹液

これらはマスクウォッシュの主力成分となります。

4種類を全て挙げると、

 

  • フランス海岸松樹皮エキスには抗酸化作用
  • ネムノキ樹皮エキスには抗糖化作用
  • サトウカエデ樹液には免疫促進
  • キハダ樹皮エキスには抗炎症作用

 

と4種類それぞれに働きが異なり、合わせてアンチエイジング効果があります。

そして、お互いがお互いを補い合うという理想的なバランスの良さで、さらに相乗効果が生まれます。

なにより、全て天然のものなので、安心ですよね。

 

マリンシルト

別名美容泥。

その名の通り泥パックなどに使用されている、海底から採取された貴重な堆泥です。

汚れに対する吸着力が優れており、皮脂やメイクの汚れをしっかり除去してくれます。

毛穴の中にまで作用するので、黒ずみもなくなりますし、毛穴の開きにも効果ありです。

また天然由来成分であるため、低刺激なのが嬉しいですね。

 

ゲルローションの成分

それでは、ゲルローションの成分はどうなのでしょうか。

 

HSP(ヒートショックプロテイン)

マスクウォッシュにも配合されているHSP、ゲルローションでも主成分です。

むしろ主役と言ってもいいでしょう。

HSPは40代、50代の肌には不足がちなのです。

そのせいで、年齢肌や敏感肌などいろいろなトラブルが起きてしまうのですね。

 

このHSPを補うことで、細胞のレベルで肌が本来持っている力を引き出して、アンチエイジング効果が得られます。

もともと肌で生成されているような成分であるため。アレルギーのような副作用もありませんし、刺激もありません。

積極的に基礎化粧品から補えば、エイジングによるトラブルが改善、予防されるものとなります。

そして、もともともの肌荒れがひどければひどいほど、HSPの効果が実感されるというのがすごいところです。

 

海洋深層水

水深200メートル以上の深海から採取した、豊富なミネラル分を含む海水を蒸留したものです。

元は海水ですが、塩分を取り除く処理を行い、塩分は含まれていないので刺激はありません。

さまざまな飲料水にも利用されていますが、質の高い化粧水として使用することもできます。

 

アーティチョーク

ハーブの一種として、欧米では古くから美肌効果があるとして知られています。

その葉には

 

「シナロピクリン」

 

という有効成分が含まれており、毛穴に作用して、たるみを引き締めてくれたり、黒ずみを解消してくれたりと効果大です。

浸透力に優れているので、肌の角質層まで作用してくれる優秀成分です。

 

4種類の樹皮エキスと樹液

樹皮エキスと樹液はマスクウォッシュにも配合されています。

これらの有効成分は、抗酸化作用、抗炎症作用、抗糖化作用、免疫促進作用というそれぞれの働きを持っています。

4つのチームワークで、エイジングケアを総合的に進めてくれるイメージです。

自然由来成分なので、肌質に関係なく使用できますし、オーガニック成分なので刺激がなく敏感肌にも使えるというのがいいですよね。

 

グリセリン

実はアルコールの一種なのですが、保湿剤として人気が高い成分です。

刺激が少ないので、色々な化粧品で重宝されているんですね。

気になる方にとってはアルコールということで引っかかるようですが、実際には敏感肌の人でも副作用を感じない程度です。

 

あまり神経質にならなくてもよいのかなという感じがします。

ただ、保湿効果という点では少し弱いです。

セラミドであるとかヒアルロン酸であるとか、他の保湿成分と一緒に配合しないと潤い感が物足りないようです。

 

プロパンジオール

こちらもアルコールの一種です。

ただ植物に由来しており、刺激は少ないです。

そして、アレルギー反応も出にくく、副作用が起きるというようなことは考えにくいです。

配合する目的としては、グリセリンの効果を高めるため。

 

もう一つ、化粧品自体の使用感をよくするという目的でも配合されます。

このプロハンジオールを配合することで、防腐効果にも期待でき、抗菌作用があるために化粧品が長期保存できるという利点もあります。

品質の安定には必要な成分なのですね。

しかも防腐剤自体の量を減らすことができるので、一段と刺激が少ない化粧品が出来上がります。

 

肌に優しい8つの無添加

それでは、気になる添加物はどうなのでしょうか。

どんなに肌に良いものを配合していても、肌に悪いものが少しでも入っていたら、帳消しどころかマイナスになってしまうというのはよく聞きます。

 

このストレピアは、化粧品に配合されがちな8つの成分の無添加に成功しています。

当時の厚生省が定めた旧指定成分はもちろん、鉱物油、石油系の界面活性剤、パラベン、石油系油脂、アルコール、合成香料、合成着色料は無添加です。

これらを無添加処方としたことで、肌トラブルが起きにくいと考えられ、肌に優しい処方となっています。

 

ストレピアは化粧品なので副作用はなし

肌トラブルが起きにくい処方であるということはわかりましたが、副作用が起きてしまうことはないのでしょうか。

そもそもストレピアは、化粧品です。

医薬品でも医薬部外品でもありません。

ということは、薬のように副作用が起きるということはありません。

 

そして、8つの無添加を実現しています。

それでも、化粧品の品質・効果を保つために、防腐剤は必要最低限の量で使われています。

もちろん、この防腐剤は安全性は十分に確認されていますが、それでも肌に合わないという人はいらっしゃるかもしれません。

 

もし使っていて、肌に湿疹ができてしまったり、赤みが出てしまったりすれば、即使用をやめてくださいね。

異常を感じたままで使用を続けていると、肌の状態はさらに悪化してしまいます。

 

皆が絶賛している化粧品であっても、絶対自分に合うと言い切れないのが化粧品の怖いところであり、宿命であるともいえます。

敏感肌の方は、使用前にパッチテストを行うのがよいですね。

パッチテストで問題がないことを確認してから使用すれば安心できますね。

 

ストレピアは敏感肌でも使える?

パッチテストを行ってから使用した方がよいとは書きましたが、それ以前に、ストレピアは敏感肌の方でも使えるのかどうか明記しておきたいと思います。

ストレピアの成分は自然由来のものが多いです。

そして、8つの無添加を実現しています。

 

ここまでこだわっているので、敏感肌の方でも使用できるものになっています。

肌質にかかわらず使えるというのは嬉しいですよね。

ただ、万人に合うとは言い切れませんので、もし肌に異常を感じたのであれば、即使用を中止してください。

その上で専門医に相談してくださいね。

 

ストレピアを使ってヒリヒリした!?

「ストレピアを使ってみたところ肌がヒリヒリした」

 

「肌が突っ張った感じがする」

 

という口コミがあり、どうしてなのか気になりました。

ストレピアは添加物を極限まで含まず。自然由来の成分を使用しているので、副作用が起きないと思っていたのに、これはどういうことなのでしょうか。

 

考えられる原因は、海のミネラル成分だと思われます。

海のミネラル成分を含んでいるために、多くの量を肌に塗ってしまうと、ヒリヒリ感じてしまうようです。

そのような場合は、量を減らしてみましょう。

ストレピアは少量でも効果は十分見込めますよ。

 

乾燥肌の方は特に、パックをする場合は時間を短めてみてください。

水でしっかり溶いてから使用するとヒリヒリは感じにくいようです。

お肌が突っ張ったように感じた時は、量を減らすことが一番です。

もし、それでもまだ改善されないようであれば、使用自体をいったん中止して、医師に相談してみてください。

 

手持ちのスキンケアと併用してもいいですか?

ストレピアはマスクウォッシュで洗顔した後、ゲルローションを塗って完了するスキンケアアイテムです。

この2つで完了する2ステップケアなので、これまでいろいろスキンケアアイテムを重ね付けしてきた方にとっては、物足りなく感じてしまうかもしれません。

 

そのような場合は、手持ちのアイテムを併用しても問題ないそうです。

使用する順番に悩んだら、相談にも乗ってもらえます。

問い合わせフォームを使うか、もしくはフリーダイアルのお問い合わせ窓口に電話をしてみてくださいね。

 

ストレピアの製造は安全?

最後に、製造している環境についてもチェックしておきましょう。

ストレピアの工場は沖縄県久米島にあります。

そこでは厳しい品質検査が実施され、それに合格した商品のみ出荷しています。

国内工場なので安心しました。

そして、そこまで品質管理を徹底しているのであれば、安全性が高いのも当たり前だなと思いました。

 

まとめ

ストレピアは肌への優しさを追求し、自然由来成分を使用していたり、使用されがちな8つの添加物をカットしていたりと、肌質を問わずに使える安心安全な化粧品です。

化粧品なので、全ての人に絶対安全だとは言い切れないところはありますが、それでもかなり安全性が高いと言えるのではないでしょうか。

 

念のため、敏感肌の方は一度パッチテストを行い、問題ないことを確認してから使用してくださいね。

このストレピアにはエイジングケアをしっかり行ってくれる有効成分が配合されています。

なかでもヒートショックプロテインは肌に劇的な変化をもたらしてくれるというので、非常に気になりますよね。

 

そんな実力派コスメですが、たった2つのステップでケアが完了してしまうというのが魅力的ですね。

忙しい方もストレピアで簡単本格エイジングケア、始めてみませんか。



ストレピア公式サイトはコチラ!

★ストレピア最安値公式サイトはコチラ!★